イタチ駆除は専門家の力を借りよう|掃除と消毒も大切な作業

女の人

高い運動能力を持つ

住宅

ハクビシンは甘い果実だけでなく、生ごみもエサの対象としてしまったために、一般家庭も被害を受けるようになりました。運動能力の高い動物ですので、素人によるハクビシン駆除は難しいものであると言えます。

Read More

学習するので難しい

イタチ

野生のイタチは、住宅のちょっとした隙間から入り込んで、そのまま住み着いてしまうことがあります。そうなってしまうとなかなか追い払うことはできず、駆除するのは困難であると言えるでしょう。しかし、野生のイタチの中には気性が荒く凶暴な正確なものもいるために、そのまま放っておくとケガをする恐れがあります。また、肉食性の動物であるので、小動物を飼っている場合は獲物として狙われてしまう可能性もあるのです。そのため、自分たちやペットの身を守るためにも、早い段階でイタチ駆除を検討することをおすすめします。ただし、イタチは頭のよい動物ですので、自分たちで駆除をしようとするのは避けた方がよいと言えます。自分たちでやろうとして失敗した場合、それを学習してしまうので余計に駆除が難しくなってしまうのです。そのため、確実にイタチ駆除を成功させる自信がないのであれば、まずは業者に連絡するのがよいでしょう。鳥獣保護法が適用されているため、イタチ駆除を行なうためには様々な申請をする必要があるのですが、業者に依頼すればこの手間も省けます。また、イタチ駆除を依頼する業者を選ぶ際には、清掃や消毒も依頼することが可能なところを選ぶのがおすすめです。イタチは天井裏を巣としている場合が多いのですが、そこで排泄をしてしまいます。そのため、駆除が終わったあとは掃除が必要であり、雑菌や寄生虫対策のために消毒をした方がよいのです。この作業も業者に任せた方が安心ですし、手間もかからなくてよいでしょう。

むやみに触らない

2人の男の人

病原菌や雑菌を多く持つ野生動物は、むやみに触ってはいけません。特にネズミは致死率の高い病気の媒体となっていることもありますので、早めにネズミ駆除を依頼した方がよいでしょう。

Read More

痒みが強くなる

男の人

時間が経過するとともに痒みが強くなるのであれば、トコジラミに吸血された可能性があります。自宅で発生してしまった場合には、1匹も残さずにトコジラミ駆除をする必要があります。

Read More