イタチ駆除は専門家の力を借りよう|掃除と消毒も大切な作業

女性作業員

高い運動能力を持つ

住宅

日本に生息している野生動物は数多くいますが、中には食べ物を求めて人間が住むエリアにおりてきてしまうものもいます。ハクビシンはそのような野生動物の一種で、特に甘い果実を好みます。そのため、果樹園などがおもに被害を受けているのですが、最近では生ごみもエサの対象となっているのです。このことにより、一般家庭も被害に遭うことが増えてきており、生ごみを荒らされてしまうような事態が発生しています。イタチなどに容姿が似ているため、一見判断が付きにくいようですが、額から鼻にかけて白いラインが入っていることが特徴となっています。運動能力は非常に高く、素早いうえにジャンプ力もあります。そのため、ハクビシン駆除を行なったことのない素人が捕まえることは、かなり難しいと言えるでしょう。しかし、ハクビシン駆除を行なわないままでいると、家に住みつくことで糞尿や臭いの被害を受けることになってしまいます。また、夜行性であるために、夜中の騒音に悩まされる可能性もあるのです。このような被害が深刻なものになってしまう前に、早めにハクビシン駆除の依頼をしておくとよいでしょう。ハクビシン駆除を専門に行なっている業がありますので、安心して作業を任せることができます。丁寧な調査から始める業者がほとんどですので、ハクビシンの侵入経路なども突き止めることが可能です。侵入経路や侵入経路となりそうな場所を把握しておくことで、駆除したあとに再度侵入されることを防ぐことができるでしょう。